ソーシャルディスタンスの距離は「ワニ1頭分」




ソーシャルディスタンスとは、ウイルス感染を防ぐために、人と人とが距離を取ることです。

その距離は6フィート=182.88cmと言われていますが、数字だけ言われてもあまりイメージできないかもしれません。

そんな人にとって、わかりやすい?目印になるのが「ワニ1頭分」です。

アメリカフロリダ州のレオン郡は、ソーシャルディスタンスの距離として、「ワニ1頭分」を具体例としてあげています。

ワニ一頭がだいたい6フィートの長さになります。

フロリダはワニが多いことで有名ですので、この例になったようです。

はたしてわかりやすいのかどうかはわかりません・・・

ちなみに以下は、フロリダのゴルフ場でワニが歩いている動画です。

フロリダのゴルフ場でワニが魚をくわえて歩く姿が目撃される
ワニというとどこか人里離れたジャングルなどに生息しているイメージがあります。 しかしフロリダではゴルフ場にワニが出現するようです。このワニは大きな魚をくわえ、ゆっくりとゴルフ場のフェアウエイの中を歩いていきます。周りに人がたくさんいますが、全く気にしない様子です。
ワニというより恐竜?フロリダのゴルフ場に巨大ワニが出現!
ワニというより恐竜?フロリダのゴルフ場に巨大ワニが出現!

via:Be Smart: Keep an Alligator Apart from Each Other


100日後に死ぬワニ (ゲッサン少年サンデーコミックス)

動物
スポンサーリンク




hmrをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

世界面白ニュース、動物、ガジェットなど
タイトルとURLをコピーしました