「不気味の谷現象」?ロボットよりも生き物に近いロボットに警戒する犬

四本足のロボットに、犬が盛んにほえています。

このロボットのリアルな動きが、犬に本能的な警戒感を抱かせたようです。

これはいわゆる「不気味の谷現象」として見ても面白いかもしれません。

不気味の谷現象とは、ロボットに対して人間がどのような感情を持つのかについての議論です。ロボットがより人間に近くなると、人間は逆に親近感を持てなくなるそうです。

このロボットの場合も、リアルな動きすぎて犬は親近感よりも嫌悪感や警戒感を抱いたのかもしれません。

これは、GoogleのBoston Dynamicsグループが開発している、最新の四足歩行ロボットだそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。