ナチスをバーで「誘惑」し、森で処刑した少女が亡くなる




Freddie Oversteegen and her sister Truus would often go out looking for Nazis.

フレディー・オーバースティーゲンさんが92歳で亡くなりました。

彼女は戦争中、オランダでレジスタンスに参加しました。その時14歳でした。母親は共産党員でした。

彼女はドイツ軍の兵士をバーで誘惑し、森に連れ込んで処刑しました。

森

処刑は姉と友人の3人で行われました。「処刑の手順」は決まっていました。

まず、バーでナチスの兵士に声をかけます。誘惑に成功したら、「森を散歩しない?」と森に連れ込みます。それから、森の特定の場所に連れていきます。到着したら、処刑します。

ほかにも、橋や線路をダイナマイトで破壊したり、ユダヤ人を収容所から脱走させたり、バイクの荷台に隠した銃でナチスを処刑しました。女性のレジスタンスはあまり警戒されていなかったことも有利に働きました。

彼女は、記者から「何人処刑したのか」を聞かれましたが、「兵士に何人殺したかを聞くべきではありません」と答えを拒否しました。

しかし、彼女は以前、別のインタビューで「自分で銃を撃ち、相手は倒れ落ちました。その時、人はどんな気持ちになると思いますか?倒れた相手を助けたくなるのです」と話したそうです。

彼女と姉は戦後も生き延びました。結婚し、4人の孫に恵まれました。姉はアーティストになりました。しかし、一緒にレジスタンスの活動に参加していた友人は、戦争終結の直前に捕まり処刑されてしまいました。

まるで映画の話のようですが、本当にあったことなんですね。彼女は戦後戦争のトラウマにも苦しめられたそうです。あの世では心安らかでいられることを願います。

参考記事:The girl who executed Nazis after seducing them in bars dies aged 92

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク