洪水の中講義を続けた大学教授・・・




カリフォルニアのサンディエゴで大きな洪水がありました。

ある大学の教授は、洪水で教室が水浸しになっても気にせず講義を行い、話題になっています。画像では足元が水でいっぱいの中、気にせず講義を行っています。

floodclass21-e1452194266560

ネットでは賛否両論のようです。こんな時に講義をやるなんて危険だ、という否定的な意見がある一方、タイタニックで、船が沈没していく間も演奏を続けた音楽家のようだ、と称賛する声もあります。

確かに危険なところはあるかもしれませんが、洪水に負けずに仕事をする姿は称賛に値するかもしれません。

via:This Dedicated Professor Kept Teaching Even As His Classroom Flooded
[amazonjs asin=”B00I5ID0O2″ locale=”JP” title=”タイタニック (字幕版)”]

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。