スポンサーリンク

冤罪で39年間刑務所に入っていた男性に賠償金が100万ドル(約1億2千万円)支払われる

アメリカで無実の罪により実に39年間も刑務所に入っていた男性に100万ドル(1億2千万円)が支払われたそうです。39年という時間と引き換えに1億2千万円のお金がもらえるというのは一体どういうことなのか、自分だったら嬉しいのかどうか考えさせられます・・

第一次世界大戦時の巨大な聴音機「ウオー・チューブ」の写真

レーダーがまだなかった時代、爆撃機の接近を察知するための方法として、巨大な聴音機が作られました。これで爆撃機のエンジン音を遠くから聴こうとしたのだそうです。「ウオー・チューブ(war tube)」とも呼ばれます。このウオー・チューブは第一次大戦から第二次大戦初期まで使用されました。

スポンサーリンク