スポンサーリンク
NO IMAGE

父親はヒトラーの信奉者?俳優ケビン・スペイシーの暗い家族の歴史

ケビン・スペイシーさんは有名な俳優です。『ユージュアル・サスペクツ』や『アメリカン・ビューティ』などの人気作品に出演しています。 しかし、そんなケビン・スペイシーさんの素晴らしい俳優のキャリアの影には、暗い家族の歴史があります。彼の父親はヒットラーの信奉者であり、虐待を行う人物だったのです。

ガソリンスタンドで働く倹約家の男性、実は隠れた億万長者で、数億円を遺贈!

ガソリンスタンドで働いていた倹約家の男性が、実は凄腕の投資家で、死後、遺産の数億円を地元の図書館や病院に遺贈したそうです。 この男性は、バーモント州ダマーストンに住む、ロナルド・リードさんです。去年6月に、92歳で亡くなったそうです。

冤罪で39年間刑務所に入っていた男性に賠償金が100万ドル(約1億2千万円)支払われる

アメリカで無実の罪により実に39年間も刑務所に入っていた男性に100万ドル(1億2千万円)が支払われたそうです。39年という時間と引き換えに1億2千万円のお金がもらえるというのは一体どういうことなのか、自分だったら嬉しいのかどうか考えさせられます・・

第一次世界大戦時の巨大な聴音機「ウオー・チューブ」の写真

レーダーがまだなかった時代、爆撃機の接近を察知するための方法として、巨大な聴音機が作られました。これで爆撃機のエンジン音を遠くから聴こうとしたのだそうです。「ウオー・チューブ(war tube)」とも呼ばれます。このウオー・チューブは第一次大戦から第二次大戦初期まで使用されました。

スポンサーリンク