スポンサーリンク

「ワニがパクッ」。本物のスリルが味わえるジップラインアトラクション

「ジップライン」とは、ワイヤーロープを滑車で滑り降りる遊びです。 高い場所から滑車一つで降りていくので、それだけでハラハラドキドキのスリルを味わえます。 しかし、とある場所にあるジップラインは、さらに本物のスリルを味わうことができます。

【閲覧注意?】あなたの心をだます「風車」のイリュージョン(錯視)作品

これは「あなたの心の風車(The Windmills of your Mind)」という名前のイリュージョン作品です。 一見すると普通の風車がゆっくりと回転しているように見えます。 ポイントは、風車は1つの方向に回転してしいるのに2つの方向に回転しているように見えるという点です。

「じゃまだニャー」ペットボトルを叩き落とすネコ・・・

このネコは隣にペットボトルが置かれるたびに、ようしゃなく手で叩き落とします。 何度も何度も落とすので、まるでバッティング練習か何かをしているようにさえ見えます。 ペットボトルが相当嫌いなのかもしれません。 ネコは水を入れたペットボトルを嫌がると言われるので、もしかしたらそれも関係しているのかもしれません。

頼もしい?ハリネズミが道路を渡るのを助けるガチョウたち

ハリネズミが道路を横断しようとしています。しかし車のドライバーにはハリネズミが見えません。 これを知ったガチョウたちはハリネズミが車にひかれないように助けます。 ガチョウたちは翼をわざと見せるようにすることで、ドライバーにハリネズミの存在を知らせるのです。頼もしいガチョウのボディガードという感じでしょうか。

漫画に影響を受けてカスタムメイドされた、フォルクスワーゲンのマイクロバス

この全体的に丸い形をしたフォルクスワーゲンのマイクロバスは、漫画好きなオーナーによって制作されたそうです。 オーナーは、1960年代にエド・ロスというアーティストが描いていたカスタムカーに影響を受け、このような車を実際に制作したかったそうです。そして完成したのがこの車です。

思わず二度見してしまう?「シャドーアート」が2017年の国際デザイン賞を受賞

2015年に、アーティストのデイモン・ベレンジャーは、カリフォルニアのレッドウッドシティーという町で、シャドーアートを制作しました。このシャドーアートが、2017年の国際デザイン賞を受賞したそうです。彼は歩道やフェンス、ベンチなどの影に少しだけ擬人化して描いています。たとえばごみ箱の影がモンスターのようになっています。

最強の「頭突き」が武器!頭突きの稽古も?哺乳類の祖先「モスコプス」

「モスコプス」は、2億5,000万年前に生息した哺乳動物の祖先です。 このモスコプスの化石を調べると、奇妙なくらい分厚い頭蓋骨を持っていることがわかったそうです。 一方で、脳みそは非常に小さく、鶏の卵くらいの大きさだったそうです。解剖学によると、モスコプスは「頭」を武器に使っていたと考えられるそうです。

ハリネズミを育てる猫

このハリネズミの子どもにはお母さんがいません。 母親が草刈り機の事故で死んでしまったからです。 人間に保護されてからは、ネコと一緒に暮らすことになりました。 幸いにも、このネコはとても世話好きでした。 孤児となったハリネズミたちにお乳をあげ、まるで自分の子どものように育てているのです。

スポンサーリンク