まるでおとぎ話の世界?中世に建てられたノルウエーの「木造教会」




木造教会

ノルウエーにまるでおとぎ話の世界に出てくるような木造の教会があります。

これはスターヴ教会(stave churche)と言われる教会で、中世に建てられました。

ノルウエーでは900年前にキリスト教が伝わり、それからこれらの木造教会がいくつも建てられたようです。

現在も現存するものがいくつかあります。中には世界遺産に登録されているものもあります。木造なのにいまだ残っているのはすごいことだと思います。

そこで、有名な木造教会をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1.世界遺産に登録された「ウルネスの木造教会」

ウルネスの木造教会
By Hesse1309投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

ウルネスの木造教会は世界遺産に認定されている木造教会です。1130年前後に建設されたそうです。

高さ120メートルの崖の上にあり、フィヨルドを望むことができる教会だそうです。現在でもミサが開かれているそうです。

2.「ボルグンド・スターヴ教会」

Borgund Stavekirk, Norway.jpg
By zoetnetFlickr: Borgund Stavekirk, Norway, CC 表示 2.0, Link

ボルグンド・スターヴ教会はノルウエーに現存する木造教会のうち、最も保存状態のよい教会だそうです。

1180年~1250年の間に建設されたそうです。

3.「ヘッダール・スターヴ教会」

Stavechurch-heddal.jpg
By Micha L. Rieser, Attribution, Link

ノルウエー最大級の木造教会です。13世紀前半から中頃に建築されたそうです。

via:Norway’s Medieval Wooden Churches Look Plucked From a Fairy Tale / スターヴ教会

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ