ギロチンは痛みを感じない人道的な処刑方法?わざと刃を鈍くしていた例も




090306entiere.jpg
By Sylvain Larue – http://site.voila.fr/guillotine, CC 表示-継承 3.0, Link

「ギロチン」は、フランス革命の時などに使用された処刑器具です。

大きな刃で首を切るので、見た目は残酷に見えるかもしれません。しかし、ギロチンの作成者であるジョゼフ=イニャス・ギヨタンは、ギロチンは「人道的」な処刑方法だと主張しました。

研究者などによると、これは真実のようです。なぜなら、脊髄から脳に至る神経を一瞬で切断するからのようです。

また、ギロチンの落ちするスピードはとても速いので、首に当たる刃の冷たさを感じることもないそうです。

スポンサーリンク

「ギロチンで切られた後も痙攣するのは?」

ギロチンの処刑時に、切られた首が痙攣したり、眼がパチパチしたりするのを目撃されることがあったそうです。

これは死後5分の間に起こる現象で、理由は脳が窒息するからだそうです。

しかし、痙攣するからといって痛みがあるわけではないそうです。これはマウスを使った実験でも認められていることだそうです。

死んだ後も脳はしばらく活動する可能性があるようですが、それは生きているということでも、何かを感じるということでもないようです。

「わざと刃を鈍くしていた?」

以上の理由から、ギロチンは痛みを感じさせない処刑方法というのは間違いないようです。

しかし、これはギロチンの刃が鋭くて、一瞬で切断できる場合に限ります。

実際は、痛みを増すため、死刑執行人がわざとギロチンの刃を鈍くすることもあったそうです・・・。

いくら痛みがないとは言われても、ギロチン台に寝かされて、刃が下りるのを待つのはやはり恐ろしい気がします・・・。

ちなみにフランスでは戦後から最近まで、ギロチンが公式な死刑の方法として残っていたようです。

via:Is Death By Guillotine Painless?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ