2年間「死海」にドレスを浸して作られたアート作品




1472368485-2

イスラエルにある「死海」は、人が簡単に浮くことができるくらい、塩分の多い湖として有名ですよね。

イスラエルのアーティストは、その死海に2年間ドレスを浸しておきました。

その結果、ドレスの周りに塩がびっしりとつき、まるで塩の彫刻のようなアート作品ができました。

ドレスにだんだんと塩がついていく様子が3カ月ごとに撮影されています。

1472368485-0

1472368485-1

1472368485-2

1472389988-0

これを制作したアーティストによると、この塩のドレスはシュロイメ・アンスキーの戯曲『ディブック – 二つの世界のはざまで』の内容を再現したそうです。

via:Dress Left In The Dead Sea For Two Years Becomes Glittering Couture


イスラエル・死海産 湖塩

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク