ガジェット一覧

スポンサーリンク

Samsungが開発した安全なカメラ付きトラックがすごい

車の運転で怖いのが、前に大きなトラックなどが来て前が見えにくくなることだと思います。 しかし、そんな不安を解消してくれる安全なトラックがSamsungによって開発されました。 このトラックは、トラックの前方につけられたカメラに映った様子が後ろにあるスクリーンに映し出されるようになっています。

気持ち悪い!?人の肌でデザインされたヘルメット・・・

なんと「人の肌」をデザインしたヘルメットが登場しました・・・。 耳までついているので少し気持ち悪い感じもしますが、他の人とは違ったヘルメットを楽しみたい人にはおすすめかもしれません。 ただし警察からはヘルメットを被っていないと勘違いされるかもしれませんので、注意が必要です。

牛のおっぱいの形をしたミルクサーバー!

パリのデザイン会社は、牛のおっぱいのデザインをしたミルクサーバーを作りました。 牛の乳首を絞るとミルクが出るのと全く同じように、このミルクサーバーの牛の乳の形をした部分を絞ると、ミルクが出てくるという構造になっています。このようなミルクサーバーによって、未殺菌牛乳の市場を広げる目的があるそうです。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場した「空中に浮くホヴァーボード」が現実に!

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で、空飛ぶスケートボードである「ホヴァーボード」が出てきたのを覚えているでしょうか? なんと現在この空飛ぶスケートボードが実際に開発されています。 作っているのは高級車レクサスを手がける日本人の技術者です。 液体窒素で冷却した超電導体を使用して浮上を実現しているそうです。

飛距離は12メートル!マッチで作ったミニチュアロケットがすごい!

この男性、グラント・トンプソンは、マッチでロケットを作ってしまいました。 使用した材料は全て家にある日用品だそうです。しかしこのロケットの性能は高く、なんと高さ12メールまで飛ぶそうです。 動画には作り方が説明されているので、自分でもホームメイドのロケットが作れそうですね。

全くの未経験の男性が作った「モバイルハウス」が凄い!

「モバイルハウス」という言葉を知っていますか? 「モバイルハウス」は、車やバイクなどで引っ張って移動できる小さな家のことです。最近アメリカや日本でもこのような家を作るのが流行っているようです。 そしてこの男性は、なんとDIY(日曜大工)の経験は全く無かったにもかかわらず、一から「モバイルハウス」を作ってしまいました。

「チョコレート・ハイ」が楽しめる!画期的なチョコレートを吸引する装置

ベルギーのチョコレート職人ドミニク・ペルソーヌさんは、チョコレートを鼻から吸引できるチョコレート・シューターという装置を開発しました。 これを使うと、全く違った形でチョコレートを楽しめます。 ペルソーヌさんは、2007年に最初のチョコレート吸引装置を開発しました。

第一次世界大戦時の巨大な聴音機「ウオー・チューブ」の写真

レーダーがまだなかった時代、爆撃機の接近を察知するための方法として、巨大な聴音機が作られました。これで爆撃機のエンジン音を遠くから聴こうとしたのだそうです。「ウオー・チューブ(war tube)」とも呼ばれます。このウオー・チューブは第一次大戦から第二次大戦初期まで使用されました。

スポンサーリンク