孤島に1人きりで28年間住んでいる男性




無人島で1人孤独に暮らす・・・・そんなことを夢見たことのある人は少なくないでしょう。

そんな夢の暮らしを実際に実現しているが人います。

78歳のマウロ・モランディさんは、イタリアのブデッリ島(Budelli Island)という無人島に、28年間1人で住んでいます。

Mauro Morandi's failing catamaran was carried to Budelli Island nearly three decades ago by chance. He never left.

ブデッリ島は、イタリアの アルチペラゴ・ディ・ラ・マッダレーナ国立公園に属する7つの島の1つです。7つの島の中でも最も美しい島と言われています。

モランディさんは偶然この島に漂流し、それからこの島に住み始めたそうです。

海を眺め、哲学書を読み、彫刻作品を作る

島にはほかに住人がいないので、完全に1人です。しかしモランディさんによると、孤独は感じないそうです。

モランディさんは島で海を眺めたり、哲学書を読んだりして過ごします。また、木の彫刻作品を作って観光客に売り、NGOに寄付などもしています

モランディさんは、この島で一生を終えたいと考えています。

忙しい都市の生活に疲れ果てている人などは、このような隠遁生活をしてみたいという人もいるかもしれませんね・・・。

<動画>


絶海の孤島 増補改訂版 (驚愕の日本が、そこにある)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク