スポンサーリンク
動物

子猫と自転車で世界一周する男性

去年、スコットランドで溶接工をしていたディーン・ニコルソンさんは、仕事を辞め自転車で世界一周の旅に出ました。 そして4か月前、ボスニアとモンテネグロの国境近くで一匹の子猫と出会いました。 子猫はニコルソンさんになつき、ニコルソンさんも...
歴史

ナチスをバーで「誘惑」し、森で処刑した少女が亡くなる

フレディー・オーバースティーゲンさんが92歳で亡くなりました。彼女は戦争中オランダのレジスタンスに参加しました。その時14歳だったそうです。彼女はドイツ軍の兵士をバーで誘惑し、森に連れ込んで処刑しました。
未分類

資産格付け機関が仮想通貨の「イーサリアム」を高評価。本当のところは?

最近、フロリダを拠点とする資産格付け機関「ワイスレーティングス」が、複数の仮想通貨を「格付け」しました。 これは、仮想通貨が「資産」として認識され始めたことを示していると思われます。 評価は、仮想通貨の「リスク」や「技術革新」などを考慮に入れて行われたそうです。
未分類

仮想通貨でコーヒーが飲めるようになる?スターバックスの会長が仮想通貨の可能性を語る

現在、仮想通貨が大きな話題になっています。 もしかしたら、今後仮想通貨でコーヒーが飲めるようになるかもしれません。 スターバックスの会長であるハワード・シュルツ氏は、今後スターバックスでの支払いに仮想通貨が利用できるよう...
ガジェット

「紙飛行機」のイメージが破壊される?本物そっくりに作られた紙のボーイング旅客機

「紙飛行機」というと、普通はいらない紙などを適当に折り曲げて飛ばすようなものをイメージします。 しかし、ルカ・イアコーニ - スチュワートさんが作るボーイング777旅客機は、その紙飛行機のイメージを完全に変えてしまいます。 この紙で作られたボーイングは、おもちゃというよりも芸術品です。
動物

引き出しを開けるのが上手なフェレット

たんすの引き出しを開けるのは力が必要です。 人間でさえそうなのですから、体の小さなフェレットだとなおさら大変でしょう。 しかし、このフェレットは賢いです。 全身の力を利用して引き出しを開けようとします。
動物

シカにお菓子をあげたら家族を連れてまたやってきた・・・

ある日、コロラド州にあるお土産店にシカが来ました。 店員は、お菓子をシカにあげたそうです。 しかし、それからしばらくすると、なんとさらに3頭のシカがやってたそうです。
歴史

ギロチンは痛みを感じない人道的な処刑方法?わざと刃を鈍くしていた例も

「ギロチン」は、フランス革命の時などに使用された処刑器具です。 大きな刃で首を切るので、見た目は残酷に見えるかもしれません。しかし、ギロチンの作成者であるジョゼフ=イニャス・ギヨタンは、ギロチンは「人道的」な処刑方法だと主張しました。
世界の面白い場所

まるでおとぎ話の世界?中世に建てられたノルウエーの「木造教会」

ノルウエーにまるでおとぎ話の世界に出てくるような木造の教会があります。 これはスターヴ教会(stave churche)と言われる教会で、中世に建てられました。 ノルウエーでは900年前にキリスト教が伝わり、それからこれらの木造教会がいくつも建てられたようです。
歴史

ナチスは「デカフェコーヒー」を愛用していた?知られざる歴史

カフェインの入っていないカフェインレスコーヒー、いわゆる「デカフェコーヒー」が最近ブームのようです。 「デカフェコーヒー」の歴史は古く、なんとあのヒトラーが率いたナチス党でも広く愛用されていたそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました