何度も生き返る?フランスを震撼させたジェヴォーダンの獣とは?

ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣は、フランスで恐れられたオオカミに似た謎の生物です。

1764年以降、フランスのジェヴォーダン地方の人々は、この謎の生物によって100人が死亡し、300人が怪我を負ったそうです。

目撃した人の証言では、「馬のような広い胸部」と「ヒョウのような長い胴体」を持ち、「黒の上に赤いしま模様のある毛皮」があったそうです。それはまるでライオンの祖先のようなモンスターに見えたそうです。

また、この生き物は超能力を持っていたという証言もあります。

目撃者によると、この生き物は後ろ足で歩け、足で銃弾を弾き、目からは火が出たそうです。さらに、何度も生き返ることができ、驚くべきジャンプ力を持っていたそうです。

しかし、現代の研究者の多くは、この生き物をオオカミの一種だと考えているようです。ジェヴォーダンの獣による被害はは1767年まで続いたそうです。

via:When the Beast of Gévaudan Terrorized France

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク