別の部屋に入ると何かを忘れてしまう「出入り口効果(Doorway Effect)」とは?

いままでに、別の部屋に行ったとたん、何かを忘れてしまうという経験はありませんか?これは「出入り口効果(Doorway Effect)」と呼ばれ、多くの人が日常で経験しているものです。

「出入り口効果」は、脳が新しい情報に注意を向け、新しい記憶スペースを作るために記憶が空になることが原因だと考えられています。

2011年の研究によると、出入り口効果は複数の脳のプログラムが同時に働くことが原因であることがわかりました。

実験の参加者には、ゲームと現実世界の2つで、物体を集めて部屋に運ぶという行動をしてもらいました。その際に、部屋に入った時と、部屋の中にいる時にそれぞれ運ぶ物体について質問をしました。その結果、部屋に入った時に質問すると物体を忘れている人が多かったそうです。

この実験の結果を受けて、研究者らは被験者の脳が出入口をある種の「区切り」として認識していると結論づけたそうです。

私たちが何気なく経験していることにも、こんな理由が存在しているのですね。

via:Why Do We Forget What We’re Doing The Moment We Enter A Room?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク