アメリカにある13の幽霊ハウス

アメリカにある有名な13の幽霊ハウスを紹介します。

1.モンタナ州「バナックのゴーストタウン」

モンタナ州「バンナックのゴーストタウン」
「バナック」の町は1862年に作られました。町の名前「バナック」は、インディアンの部族の名前から来ているそうです。現在は人が住んでいないゴーストタウンです。

この町では、溺れ死んだという青いガウンを着た女性や、リンチで処刑されたギャング疫病が蔓延したときに病死した人の幽霊が目撃されているそうです。

<バナックの町で幽霊調査をしている動画>

2.ルイジアナニュー・オリンズ「ラ・ローリエ マンション」

ニュー・オリンズ「ラ・ローリエ マンション」

このマンションの持ち主は、ニューオリンズでは有名なお金持ちのデルフィーン・ラローリーという貴婦人でした。ある時このラローリーのマンションが火事になり、消防隊が駆けつました。駆け付けた消防隊によって、ラローリーの信じられない秘密が明らかになりました。

ラローリーは、マンションに秘密の屋根裏部屋を持ち、そこで毎夜のように黒人奴隷を残酷に虐待・拷問し、殺害していたのです。このマンションの火事も、拷問を受けていた黒人奴隷が火をつけたものでした。ラローリーはその日のうちにマンションから逃亡し、消息不明になりました。

その後、このマンションでは、ラローリーに殺害された黒人奴隷の幽霊が目撃されるようになったそうです。幽霊は腹から腸管をぶら下げて歩く者や、目や口が黒糸で綺麗に縫われた者などだったそうです。

現在のこのマンションの所有者はなんとあの俳優の「ニコラス・ケイジ」さんです。ケイジさんは「幽霊が出るマンションを資産として持っている」と半ば自嘲的に話しているそうです(その後売却とのこと)。

3.アラバマ州「アダムス・グローブ・プレスビテリアン教会」

アラバマ州「アダムス・グローブ・プレスビテリアン教会」

アラバマ州にあるこの教会と墓地は、アメリカの文化遺産指定地域に位置しています。これまでに幽霊ハンターや幽霊の調査チームによる調査が何度も行われているそうです。

4.カリフォルニア州「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」

4

この大きなマンションは、ウイリアム・ウインチェスター(ウインチェスター・ライフルの発明者)の未亡人によって作られました。

このマンションは、38年もの間絶えず増築が続けられたことで有名です。一説には、未亡人がウインチェスター・ライフルで殺された人たちの霊から逃れるため、増築を続けたとも言われています。マンションには個室だけで160もの部屋があり、他にも秘密の通路や、迷宮のような入り組んだ廊下などがあるそうです。

5.アイオワ州「ヴィリスカ・アックス・マーダー・ハウス」

アイオワ州「ヴィリスカ・アックス・マーダー・ハウス」
1912年、この家は恐ろしい殺人事件の舞台となりました。

この家の住人であるムーアさんと彼の妻、4人の子ども、そしてその日たまたま泊まりに来ていた2人の幼い女の子の合計8人が、斧で殺害されたのです。この事件の犯人はまだ見つかっていないそうです。

事件の数年後、この家では、斧を持った男の姿や、泣き叫ぶ子供達の声、そして説明できない不思議な現象が目撃されているそうです。

6.オハイオ州「フランクリン城」

6

フランクリン城はオハイオで最も有名な幽霊ハウスです。1860年に建てられました。この家にはドイツからの移民、ハンネス・ティーデマンとその家族が住んでいました。しかし家族が次から次へと亡くなっていき、最後ハンネス一人だけになりました。その後ハンネスは家を手放しました。

噂では、主人のハンネス・ティーデマンが家族を殺害したのではないかとも言われています。そのせいか、この家ではこれまでに幽霊が何度も目撃されています。

ちなみになぜ「城」かというと、ハンネス・ティーデマンが度重なる家族の死から妻を遠ざけるために、家を次から次へと増築していき、城のようになったからだと言われています。

7.フロリダ州「ストラナハン・ハウス」

フロリダ州「ストラナハン・ハウス」

フランク・ストラナハンは実業家として成功した人物で、この地域に初めての銀行やホテル、郵便局などを作ったそうです。

「ストラナハン・ハウス」はこのフランク・ストラナハンが妻のために作った家です。川のほとりにあります。

ストラナハンはその後経済状態が悪化し、深刻なうつ病を患いました。そして1929年に家の前の川に飛び込み自殺しました。

ストラナハン・ハウスではこれまでにフランク・ストラナハン自身や、その妻の幽霊が目撃されているそうです。

8.アリゾナ州「ジェローム」

8

ジェロームは、山の中腹に位置する炭鉱の町です。この町の住人は現在約400人ですが、以前は約15000人の住人がいたそうです。この町では炭鉱事故や銃撃戦などで、多くの住人が亡くなりました。その後この町では多数の幽霊が目撃されており、現在は「お化けの町」として有名です。観光地化されているようです。

この町で目撃されるという一番有名な幽霊は、絞殺された売春婦の幽霊だそうです。

9.ハワイ州ホノルル「ヒッカム空軍基地」

「ヒッカム空軍基地」

日本軍によるパールハーバーへの奇襲攻撃で、多くの兵士が亡くなった場所です。ここを訪れた人たちは、爆撃の音を聞いたり、兵士の格好をした幽霊を目撃しています。

10.ニューヨーク州ロングアイランド「悪魔の棲む家」

10

1974年、ロナルド・デフェオ・ジュニアは、ニューヨークロングアイランドの自宅で、6人の家族全員をライフルで撃ち殺しました。

翌年、新しい家族が3人の子供と一緒にこの家に引っ越してきました。28日後、この家族は持ち物も全て残したまま家を離れ、二度とこの家には戻ろうとしませんでした。

この家族の経験はその後映画「悪魔の棲む家」の脚本のプロットになりました。

11.インディアナ州「インディアナ・デューンズ州立公園」

11

ミシガン湖の浜辺に位置するこの公園には、19世紀の女性の幽霊が出ると言われています。

12.ニューヨーク州「チェルシー・ホテル」

チェルシー・ホテル

1884年に建てられたこのホテルは、長年にわたって多くの有名な作家、ミュージシャン、アーティストが長期に渡って滞在してきました。このホテルで亡くなった人も多く、たとえばSex Pistolsのシド・ヴィシャスのガールフレンドであるナンシー・スパンゲンはこのホテルで刺殺されたそうです。

このように多くの有名人がこのホテルで亡くなったため、有名人の幽霊が目撃されています。

13.ウェストバージニア州「マウンズビル刑務所」

マウンズビル刑務所

この刑務所は1995年に閉鎖されました。この刑務所では約1000人の犯罪者が絞首刑や電気椅子によって死刑にされました。そのため、囚人の幽霊が目撃されるそうです。

アメリカの幽霊ハウスを訪れたい場合は「Booking.com」などを利用するのがおすすめです。

リンク元:Would You Move Into One Of These Haunted Houses? (14 pics)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク