3000年前のイングランドの地上絵、「アフィントンの白馬」

3000年前のイングランドの地上絵、「アフィントンの白馬」

約3000年前、今のイングランドオックスフォードシャー州の人々は、丘に白いチョークで馬の地上絵を描きました。

それが「アフィントンの白馬(Uffington White Horse )」です。この絵は3000年後の現在でも残り続けているそうです。

アフィントンの白馬はヒルフィギュア(イギリスの石灰岩の丘陵地帯に画かれた地上絵)の1つで、ほかにも「サーンアバスの巨人」「ウィルミントンのロングマン」などがあるそうです。

この馬の絵の全体は、書かれた場所からは見ることができず、谷の下からだと見ることができるそうです。

なぜこの絵が描かれたのかは、今もわかっていないそうです。

この地上絵はそのままにしておくと消滅してしまうようです。そのため、定期的な点検が行われており、ナショナル・トラスも監督を行っているそうです。この絵を残す取り組みも長年行われているのもすごいと思います。

機会があったら一度見てみたいですね。

<動画>

via:ヒルフィギュアAgainst All Odds, England’s Massive Chalk Horse Has Survived 3,000 Years

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク