【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

アメリカでは、自分で「小さな家(タイニーハウス)」を作ってそこで暮らすということがちょっとしたブームになっているようです。

家のローンの支払いに追われる生活や、毎月高い家賃を払う生活からの解放、自然に優しい生活などを目的としているようです。またアメリカでは経済格差の拡大から、低収入の人たちがより安価に生活するための方法を模索しており、その一つとしてタイニーハウスが選ばれているようです。

また、ホームレスの人にセーフティネットの意味合いで「タイニーハウス」を提供するという活動も行われているようです。

このカップルは仕事を辞め、自分たちで小さな家を作り、その家で移動しながら旅をしています。2人はその計画を『小さな家の大きな旅(Tiny House Giant Journey)』と名づけました。

このカップルは、ジェナ・スペサルドとギヨーム・デュチール、そして犬のサリーです。
【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

2人は2年前に仕事を辞め、小さな家を作りました。そして現在はその家で移動する生活をしています。
【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

「「もし仕事を辞めて、自分たちで作った家で旅行をしながら生活をしたらどうなるのだろうか?」そう思ってこの生活を始めました。」デュチールはそうニュースの取材に対して話しました。

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

2人は「友人」の助けを借り、1年以上をかけてゼロから移動式の家(タイニーハウス)を作りました。このカップルは友人が多そうですね。

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

カップルは最初、「タイニーハウス」現象をインターネットで知ったそうです。

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

このカップルの家(タイニーハウス)は小さいですが、「豪華」です。家に必要なものは全てあるそうです。家は車で牽引することができます。

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

カップルは以前に住んでいた「普通の」家を引越し、仕事を辞め、そして6ヶ月前から車で移動する旅を始めました。

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

それから2人はこのタイニーハウスでアメリカとカナダを旅行しました。

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

デュチールによると「過去6ヶ月間で、11,000マイル(1万7千702キロ)を旅しました。」とのこと。

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

2人は普通の仕事をするのは止めました。代わりに文章を書き、写真を撮ることで生活を支えています。

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

「この暮らしはとても楽しいです。しかしこの暮らしをするために、たくさんの仕事をしなければなりません。私たちは絶えずブログにこの暮らしで起きた出来事を書き続けています。できるだけこの暮らしを皆と共有したいのです。」

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

「本当に素晴らしいことを経験しています。この経験は以前の仕事ではけして得られなかったようなものです。」

【タイニーハウス】自作した家で旅するカップル

このカップルの旅行についての詳細は、デュチ-ルの写真はこちら、ジェナの文章はこちらにあります。

via:This Couple Quit Their Jobs And Left Everything For A Homemade Tiny House And A Dream Of Traveling

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。