アーネスト・ヘミングウェイの意外な事実

アーネスト・ヘミングウェイ

アーネスト・ヘミングウェイは「老人と海」などの小説で有名な作家です。1954年にノーベル文学賞も受賞しました。

そんな誰もが知っているヘミングウエイの、あまり知られていない事実をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1.「娘がほしかった母親にピンクのドレスを着させられた」

ヘミングウェイの母親グレースは、性格に少し問題があるタイプの人だったようです。

たとえば、グレースは実は息子ではなく娘が欲しかったようです。そのため、ヘミングウエイが生まれた後に自分を慰めるため、ヘミングウエイに花柄のピンクのドレスを着させ、さらにヘミングウエイを女の子の名前(エルネスティーン)で呼んだそうです。

2.「ノルマンディー上陸作戦に参加して勲章をもらう」

ヘミングウェイは第二次世界大戦の「ノルマンディー上陸作戦」に参加し、勲章をもらったそうです。

ヘミングウェイはドイツ軍のトーチカに3個の手榴弾を投げ、複数のSS将校を倒したそうです。その活躍を認められ、ブロンズスターメダル(Bronze Star Medal)を与えられたそうです。

ランボーぶりの活躍ぶりですね・・・・。

ヘミングウエイはそのほかにも、第一次世界大戦やスペイン内戦にも参加しています。特に第一次世界大戦では迫撃砲で足に重傷を負っています。

3.「孫が同じ日に自殺」

ヘミングウェイは孫に有名な女優のマリエル・ヘミングウェイとマーゴ・ヘミングウェイがいました。

悲惨なことに、1996年、マーゴ・ヘミングウェイは祖父のヘミングウエイが自殺した同じ日に自殺しました。

4.「飛行機事故に連続して遭遇」

ヘミングウェイはアフリカで休みを取っている間、飛行機事故に連続して遭遇したそうです。

1つは、滑走路にいるときに飛行機に火災が起きたそうです。ヘミングウエイは開かなくなったドアを壊すため、自分の頭をハンマーのようにして叩きつけたそうです。

死亡記事も出るくらいだったそうですが、生き延びたそうです。

5.「立って小説を執筆」

ヘミングウエイは立って小説を執筆するのが好きだったようです。ときには何時間も立ったままで小説を書いていたようです。

6.「『誰がために鐘は鳴る』を執筆直後、400匹のウサギを狩る」

ヘミングウエイは『誰がために鐘は鳴る』の執筆が終わった直後、3人目の妻と2人の子どもを連れて狩りに出かけ、1日で400匹のウサギを狩ったそうです。

7.「プロの漁師」

ヘミングウエイはプロの漁師でもありました。

1938年には一日で7匹のマカジキを捕まえ、世界記録を樹立したそうです。

ヘミングウエイは魚に群がるサメをマシンガンで追い払っていたそうです。これもワイルドですね・・・。

8.「多指の猫を好む」

ヘミングウエイは猫好きで、特に多指の猫(指が普通の猫より多い)を好んでいたそうです。

最終的に、50匹の猫が家にいたそうです。

今では多指の猫をヘミングウエイの猫と呼ぶようになっているそうです。

via:Facts About Ernest Hemingway

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ