なぜ?デンマークの砂丘にある灯台、「ルービヤウ灯台」

灯台というと海岸付近の崖に立っているイメージですよね。というかそうでないと灯台の役割を果たせません。しかしこのデンマーク、ユトランドにある「ルービヤウ灯台」は、なぜか砂丘の中にあります。

この灯台、もともとは北の海岸付近に建てられたものだそうです。しかし漂砂の影響でだんだんと砂に飲みこまれていき、1968年にはもう灯台としての役割を果たすことができなくなったそうです。

それからは博物館となっていたそうですが、その間も砂の浸食は進み、2002年には完全に放棄されたそうです。

参考記事:Lighthouse Swallowed by Sand / Lighthouse buried by growing sand dunes

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。