あなたが知らないクリントイーストウッドの意外な事実

クリント・イーストウッドは、映画『ダーティー・ハリー』などに出演したアメリカを代表する有名俳優です。

さらに最近では「映画監督」としても大活躍しています。

日本でもファンが多いでしょう。

そんなクリントイーストウッドですが、案外知られていない、意外な事実をいくつか紹介します。

「馬に乗るのが大の苦手」

これは皮肉の皮肉ですね。

というのは、クリント・イーストウッドは、ジョン・ウエイン以来の、カウボーイ役を多く演じてきた役者の代表だからです。

しかし、実はクリントイーストウッドは馬に乗るのが大の苦手だそうです。

「犬と猫が大の苦手」

クリント・イーストウッドは犬と猫も大の苦手だそうです。

その代わり、クリントイーストウッドはヘビが大好きです。かつては13匹のヘビを飼っていたこともあるそうです。

「「アクション」と絶対に言わない」

たいていの映画監督は、撮影に入る瞬間、「アクション」と言います。

しかしクリント・イーストウッドが監督をする場合「アクション」とは絶対に言いません。代わりに「OK」と言うそうです。

「プロ並みにピアノが上手い」

クリントイーストウッドは、我流でピアノを勉強し、腕前はプロ並みです。小さい時からピアノを弾いていたそうです。

自身の映画の曲も作曲/編曲しているそうです(『ミスティック・リバー』、『ミリオンダラー・ベイビー』、『グラン・トリノ』)。

「スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカスより監督をした作品が多い」

クリント・イーストウッドは、実は多作の監督です。約40年間、現在にいたるまで、映画を撮り続けています。

1990年だけでも、16の映画を撮っているのです。

「ビーガン(菜食主義者)」

クリント・イーストウッドは何を食べるでしょう?

ビーフジャーキー、レアステーキ、ブラックコーヒーでしょうか?

違います。彼はビーガンなのです。

インタビューでは、毎日、フルーツ、野菜、豆腐、豆製品を食べるようにしていると答えています。

「マイケル・ムーアを殺そうとした」

クリント・イーストウッドは、以前、「もしマイケル・ムーアがカメラを持って家にやってきたら、殺すだろう」と言っています。

これは、マイケル・ムーアの映画『ボーリング・フォー・コロンバイン』で、クリントン・イーストウッドの友人のチャールトン・ヘストンへのインタビューについての冗談です。

聞いた人たちは、笑い声をあげました。しかし笑い声が静かになると、イーストウッドは「本気だよ」と言ったそうです。

「のどぼとけ」が大きくて役者をクビになったことがある

クリント・イーストウッドは、1950年代初期、ユニバーサルスタジオと若手の役者として独自に契約しました。

毎週75ドルの給与をもらう契約でした。

ある日、監督は彼の大きな「のどぼとけ」に気が突きました。そしてそれが理由で彼をクビにしました。

ちなみにクリント・イーストウッドの仲間、バート・レイノルズも、同じ監督に同じ日にクビにされたそうです。

「最初の出演作品は、『半魚人の逆襲(Revenge of the Creature)』。クレジットに名前は出なかった」

1955年、クリント・イーストウッドは映画デビューをしました。

出演した映画は、低予算のホラー映画、『半魚人の逆襲(Revenge of the Creature)』でした。

これは前年にヒットした『大アマゾンの半魚人』の続編です。

クリント・イーストウッドは、白いコートを着て、研究室のアシスタントを演じました。

映画のクレジットにクリント・イーストウッドの名前は出ませんでした。

「イタリア語が流暢に話せる」

「狩猟が嫌い」

クリント・イーストウッドは、ハンターが嫌いだそうです。なぜなら、理由もなく動物を殺すのが好きではないからです。

「タバコを吸わない」

クリント・イーストウッドは、しばしば、映画でタバコを吸うキャラクターを演じています。しかし現実では一切タバコを吸いません

「最年長でアカデミー監督賞を受賞した」

クリント・イーストウッドは、2004年に、『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー監督賞を受賞しました。その時彼は74歳でした。

これはアカデミー監督賞を受賞した最年長になるそうです。

「バットマンの「悪役」を演じる予定だった」

1968年のバットマンのテレビシリーズで、クリント・イーストウッドは「悪役」を演じる予定でした。

しかし残念ながら、直前になってキャンセルになったそうです。見てみたかった気もしますね。

via:14 Things You May Not Know About Clint Eastwood

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク