世界で最初の自撮り写真(The first “selfie”)

最近では、オックスフォードの辞書に「selfie(自撮り)」という言葉が登録されるほど、自撮りが流行っています。

しかし、自撮りの歴史は実は古いものです。世界で最初の自撮り写真は1839年に撮影されたそうです。

1839年、フィラデルフィアに住むアマチュア化学者で写真愛好家のロバート・コーネリアスは、自撮りをしました。

彼はカメラをセットしてレンズキャップを外してから、急いでカメラの前に座り、一分後再びレンズを覆いました。そうして自らの姿を写真に残しました。

それが以下の写真です。世界で最初の自撮り写真と言われています。

世界で最初の自撮り写真(The first "selfie")

via:Oct. / Nov. 1839 The first “selfie”

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。