魚をとるのがめんどくさい?レストランに魚をもらいに来る「アザラシ」

このアザラシの名前はサミー(Sammy)。アイルランドの港町に住んでいます。なんと彼は毎日陸に上り、魚をめぐんでくれとレストランにやってきます。

動画では、サミーは車が通り過ぎるのを待ってから道路を横断し、はってレストランにやってきます。レストランの従業員は椅子を使って何とかやめるよう説得しますが、サミーは聞きません。結局サミーの努力は報われ、サミーは魚を見事ゲットできました。

魚なら海にいくらでもいると思うのですが、このアザラシは魚をとるのが下手なのか、それともめんどくさがりやなのでしょうか。

リンク元:Why Did the Seal Cross the Road? To Get to the Seafood Restaurant.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク