「かかし」を漢字にすると「案山子」。語源は?

田舎のたんぼなどでよく見かける「かかし」。漢字にすると「案山子」になるのを知っていましたか?

漢字だけ見ると、とてもじゃないけど「かかし」とは読めないですよね。なぜ「案山子」などという漢字になったのでしょうか?その語源を調べてみました。

スポンサーリンク

「案山子」の語源は?

かかしの漢字である「案山子」は、もともと中国の僧侶が使用した言葉だそうです。「案山」というのは、山の平らな場所を意味するそうです。そして「子」は人や人形のことを意味します。

したがって、「案山」=山の平らな場所+「子」=人、人形ということで、かかしとなったようです。

これは中国の宋の時代の歴史書にその記述があるそうです。ただしこれも必ずしも確実な語源というわけではなく、あくまで諸説の一つのようです。

ちなみに現在の中国語でかかしは「稻草人」です。

どちらにしても、「案山子」の語源は古代中国から来ているようです。

参考リンク:語源由来辞典

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
コメントの入力は終了しました。