1901年から100年以上切れずに光り続ける電球「センテニアル・ライト」

1901年から100年以上切れずに光り続ける電球「センテニアル・ライト」

最近では省エネの流れもあり、電球にはLEDなどが使用されることが多いです。昔の電球はあまり使用されなくなっています。

しかしだからといって昔の電球がゴミになったというわけではありません。

実際、あるフランスの電気技師によって作られたカーボン電球は、なんと1901年から現在も依然として強く光り続けているそうです。

この電球は「センテニアル・ライト(Centennial Lightー100年のライト)」と呼ばれているそうです。電球があるのはカリフォルニア州のリバモア・プレザントン消防署で、100年以上にわたって切れることなく4ワットの光を出し続けているそうです。

この電球が100万時間に達したときにパーティも開かれたそうです。またこの電球を見るために観光客も立ち寄るそうです。さらにもし万が一電球が切れてしまったときは、街中で葬列を行うことなども考えているとのことです。電球がいつ切れるのかこの先も注目ですね。

1901年から100年以上切れずに光り続ける電球「センテニアル・ライト」

via:This Light Bulb Has Been Burning Since 1901

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク