フロリダに住む男性、40年以上ワニにピザやクッキーをあげ続ける

過去47年の間、デビッド・ヴァン・ビューレンさんはペットの「ワニ」と一緒にフロリダで暮らしています。

ビューレンさんが9歳のとき、親に2ドルで小さなワニを買ってもらいました。

ビューレンさんはこのワニを家に持って帰り、魚の水槽で飼い始めました。最初はお小遣いで金魚を飼い、ワニにあげていたそうです。

それからも2人はずっと一緒で、大学にもワニを連れて行っていたそうです。

そして現在、このワニはフロリダにあるビューレンさんの裏庭の池に住んでいます。そこでビューレンさんは、ワニの大好物な「ピザ」や「チョコレートクッキー」(特に「アホイ!」のクッキーが好きだそうです)を手であげ続けているのです。

ビューレンさんとワニは長い友人です。しかしフロリダ州魚類野生生物委員会によると、大きなワニを家で自由に飼っていることは許されないとのことで、ワニを適切な場所に移動するようビューレンさんに求めています

ビューレンさんは納得いかず、戦う姿勢だそうです。

via:Florida Man Feeds Pet Alligator Pizza and Chocolate Chip Cookies

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク