2年間「死海」にドレスを浸して作られたアート作品

イスラエルにある「死海」は、人が簡単に浮くことができるくらい、塩分の多い湖として有名ですよね。

イスラエルのアーティストは、そんな死海に、2年の間ドレスを浸しておきました。

その結果、ドレスの周りに塩がびっしりとつき、まるで塩の彫刻のようなアート作品ができました。

2年間、ドレスにだんだんと塩がついていく過程も写真で撮影されています。

1472368485-0

1472368485-1

1472368485-2

1472389988-0

via:Dress Left In The Dead Sea For Two Years Becomes Glittering Couture

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク