離れて暮らす子供のため、バーチャルシーソーを作ったお父さん

リュウ・ハイビンさん、30歳は中国のアモイ市で働くエンジニアです。彼は仕事のため、家族と離れて暮らしています。彼の家族は、アモイから1174キロも離れた滕州市に住んでいるのです。

彼は生後8ヶ月の息子に会いたくてしょうがありません。

そこで、彼はなんと遠く離れていても息子とシーソーができるように、モーションセンサーや、カメラ、ディスプレイがついたシーソーを作ってしまいました。

リュウさんと息子はリアルタイムで一緒にシーソーができるのです。

ニュースの取材によると、彼は小さな頃父親と一緒にシーソーをしたことを覚えていて、それで自分も息子とシーソーがしたかったそうです。

親の愛は偉大ですね。

リンク元:Dad Builds the World’s Longest Seesaw to Play with His Son 730 Miles Away

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク