ニューヨークの高級ホテル「プラザホテル」に月5万円で35年住んでいた女性

ニューヨークのプラザホテルは、一晩の宿泊が1000ドル以上(約10万円以上)もする高級ホテルです。

しかし、そんな高級ホテルのスイートルームに月500ドル(約5万円)で35年間も住んでいた女性がいました。なぜそんなことが可能なのでしょうか。

それは、過去にプラザホテルが経営難に苦しんだことが関係しています。ホテルは毎月の収入を確保するために、部屋をアパートとして長期契約で貸し出したそうです。

その時に契約したのがこの女性の夫でした。そして夫が亡くなってからはその権利を女性が引き継いだため、女性は豪華ホテルに破格のお金で住むことができるのです。

また、ニューヨークには家賃統制令という法律があり、家賃が市場価格以下に抑えられることも理由のようです。この法律のおかげで、いくらホテルの宿泊費は高くなっても、女性のホテルの家賃は高くならなかったようです。

スポンサーリンク

地獄から来た女

この女性の名前はファニー・ローエンシュタインさんです。従業員からは「地獄から来た女」と呼ばれていたそうです。

なぜそんな風に呼ばれていたかというと、女性のエキセントリックなキャラクターのためです。ホテルのトラブルメイカーで、プロの弁護士と組み法律を巧妙に利用していたようです。

女性はまるで自分がホテルのオーナーであるかのようにふるまい、あらゆることに文句をつけていたようです。カーペットに欠陥があるとして訴訟を起こしたり、その後も(ホテルは)有害な塗料で私を殺そうとしていると訴えたそうです。

また、プラザホテルはあのドナルド・トランプが買い取ったことで有名になりました。

その後女性は体調を崩して(プラザホテルの塗料が原因だと思っていたようです)別のホテルに移動し、そこで1992年に亡くなりました。85歳だったそうです。

彼女はプラザ・ホテルを家賃統制法で借りていた最後の住人だったそうです。

お金持ちになったら、一度泊まってみたいですね。

via:‘The Eloise from Hell’: The Little Old Lady Who Terrorized New York’s Famed Plaza Hotel

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ